あなたは看護師として働いていて、患者さんに、もっと親身に関わりたいと感じたことはありませんか?
患者さんの心の問題に気づいても、それをスルーせざるを得ない環境にフラストレーションを感じていませんか?

実際に一人の患者さんに時間を割いて、患者さんの心の問題に関わろうとしても、日常業務の壁に阻まれてきたのではないでしょうか。
多忙を極める医療の現場で、患者さんの心と向き合う時間をとることは不可能でしょう。

仮に患者さんの心の問題について上司・先輩に相談したとしても、余計なことをしないで業務を進めてください、といわれかねません。
そんなことより、入院アナムネ、検査出し・オペ出し、記録に看護計画に、インシデントレポート・・・。めまぐるしく業務に追われる現場にいながら、こんな流れ作業をするために自分は看護師になったのだろうかと、悶々としているあなたに、問いかけたい。

患者さんの心と、じっくりと向き合ってみませんか?
苦しむ患者さんの心のケアができる看護師になりたいと思いませんか?
医師達はどうしても、知識や技術に偏りがちです。
患者さんの一番近くにいる看護師だからこそ、もっと出来ることがあるはずです。

Human willは、医療現場で看護師がカウンセラーとして働くことを提唱します。
看護師として勤務する一方で、必要に応じてプロカウンセラーとして患者さんに関わるのです。もしくは看護師としての経験を活かしつつ、プロカウンセラーとして活躍するのです。

この新しい医療のスタイルは、多くの患者さんのニーズに応えることになるでしょう。

ぜひ、こちらのページもお読みください。

Human Will Projcectとは